注目キーワード
  1. 無償版
  2. 書籍
  3. GPU
  4. Windows

無償版だとGPUは使われないの?4Kの編集ができないの?

Question

無償版のDaVinci ResolveではGPUの処理ができないとか、4Kを扱えないとか聞きました。本当でしょうか?

Answer

そんなことはありません。無償版でもGPUはちゃんと使います。4Kの編集もできます。
ただし有償版では、Windowsの場合、NVIDIA/AMD/Intel QuickSyncのH.264のハードウェアエンコード/デコード、 H.265のハードウェア デコード が機能します。有償版だと処理が速くなることがあるのはそのためです。たとえばNVIDIA GPUを使っていて、H.264の素材を編集してH.264に書き出すときには、エンコードとデコードでNVIDIA GPUを活用するので、有償版の方が無償版よりも圧倒的に編集パフォーマンスも書き出し速度もスムーズになります。一方、もしNVIDIA GPUを使っていても、たとえばProResの素材をXAVCに書き出す際には速度は上がりませんし、もしH.264の読み込みや書き出しをしていても、NVIDIA/AMD/Intel QuickSyncのハードウェアエンコーダー/デコーダーがマシンに備わっていないと速度は上がりません。
有料版では、「環境設定」の「デコードオプション」で「H.264/H.265のデコードにハードウェアアクセラレートを使用」を選択可能になります。

すぐ思い当たる制限としては、ビデオビット深度10bitのデータは有償版のDaVinci Resolve Studioが必要といったところでしょうか?

コンシューマー向けのカメラの多くで撮影された動画の編集であれば、基本的にはほぼほぼ問題にはなりません。

無償版、有償版の違いの説明は、次のサイトを参照いただくのがよさそうです。

最新情報をチェックしよう!