注目キーワード
  1. 無償版
  2. 書籍
  3. GPU
  4. Windows

DaVinci Resolve Studio (有償版)の機能一覧

Quastion

DaVinci Resolve Studio (有償版)と無償版の機能差がわかる一覧はありますか?

Answer

2022/07/25にバージョン18.0でStudioの機能をまとめた情報が公開されました。

 https://documents.blackmagicdesign.com/SupportNotes/DaVinci_Resolve_Studio_Features.pdf

公開された資料を自動翻訳したものを元に、情報を追加したものは次の通りです。

目次

  • 一般
  • Resolve FX
  • コーデック / サードパーティライセンス依存項目

一般

  • UHDを超えるのタイムラインとレンダー解像度 (UHD、4Kは無償版でも対応)
  • 60fpsを超えるのフレームレート (60fpsは無償版でも対応)
  • 96kHz以上のオーディオサンプルレート (98kHz未満(48kHz)までは無償版でも対応)
  • クリーンフィード コンピュータモニター出力
  • ワークフロー/メディアアセットマネジメントの統合
  • アルファチャンネル対応を含むEncodeプラグイン
  • DaVinci CTL
  • デインターレースワークフロー
  • レンズ歪補正
  • ステレオスコピック3Dのプロジェクトに対応します。ツールとモニタリング
  • Mac、Windows、Linuxの10ビットビューアー
  • ノード内のカメラLUT
  • リモートグレーディング
  • リモートレンダリング
  • 444、RGB10ビットビデオおよびオーディオストリームのリモートモニタリング
  • アドバンスパネルとミニパネルをリモートグレーディングシステムにつなぐネットワーク
  • HDR Finishing Toolset
  • HDR10、HDR10+、Vivid、Dolby VisionワークフローとH.265をサポート 265 Dolby Visionエンコード
  • HDRビデオスコープのサポート
  • HDMI/SDI経由のHDRメタデータのサポート
  • モーションエフェクト
  • 空間ノイズリダクション
  • 時間ノイズリダクション
  • モーションブラー
  • Davinci Neural Engine
  • スーパースケール
  • マジックマスク
  • オブジェクトマスク
  • Davinci Neural Engineベースのデインターレース
  • スマートリフレーム
  • シーンカット検出
  • パワーマスタリング
  • Frame. io対応
  • Fusionカメラトラッカー
  • Fusion VR Toolset 【1】
  • ローカルまたはリモートマシンからスクリプトを制御【1】
  • 複数のRed Rockets【1】
  • 複数の画像処理GPU【2】

【1】 Mac App Storeビルドにはない

【2】 例外あり。無料版は、2013 Mac Proの両方のGPUを使用できます。

Resolve FX

  • アナログダメージ
  • 絞り回折
  • 自動ゴミ取り
  • 美肌
  • 色適応
  • 色収差
  • カラースタビライザー
  • コントラストポップ
  • DCTL
  • デフリッカー
  • ディーズマップ
  • ディテールリカバリ
  • ダストバスター
  • 顔補正
  • 擬似カラー
  • フィルムグレイン
  • フィルムハレーション
  • フレーム レンズブラー
  • レンズディストーション
  • レンズフレア
  • レンズ反射
  • モーションブラー
  • モーショントレイル
  • ノイズリダクション
  • オブジェクト除去
  • パッチリプレイサー
  • シャープ
  • エッジをシャープに
  • シミ
  • 肌を柔らかくシャープに
  • スタイライズとペンシルスケッチ
  • Surface Tracker 18
  • テクスチャポップ
  • ティルトシフトブラー
  • ワーパー

コーデック / サードパーティライセンス依存項目

DaVinci Resolve および DaVinci Resolve Studio でサポートしているコーデックはバージョンによって異なりま す。バージョン、OS、ハードウェア、ドライバのバージョンによって異なります。詳しくは「対応フォーマットとコーデック一覧」をご覧ください。

  • H.264およびH.265ハードウェアアクセラレーションデコーディングおよびエンコーディング、Windowsの限定されたH.265プロファイル。
  • 10ビットプロフェッショナルフォーマットのデコード、プラットフォームとフォーマットに依存
  • HEIF、J2K HT、Sony XAVCフォーマットのデコードとエンコード
  • Kakadu JPEG2000とIMFフォーマットを解像度やデータレートの制限なしにエンコード
  • Dolby Atmosワークフロー
  • Immersiveオーディオフォーマット(ADM, 22.2, SMPTE, MPEG-H, Auro 3D, その他)
  • Bチェーンサポート
  • 先進IMFパッケージのサポート

www.DeepL.com/Translator(無料版)の翻訳を元に加筆、修正しました。

最新情報をチェックしよう!