注目キーワード
  1. 無償版
  2. 書籍
  3. GPU
  4. Windows

GPUなどによる処理対応とOSの関係

Question

DaVinci Resolveの有償版/無償版と、NVIDIAやAMD社のGPUや Apple シリコンやIntel社CPUのハードウェア エンコーダ/デコーダといったAPIと、Windows / MacといったOSの違いについて、パフォーマンスに関係する注意事項や制限はありますか?

Answer

DaVinci Resolveがより最適化して、高速な処理が期待できるGPUのAPIの順番は、Metal > CUDA > OpenCL です。

Windows環境

OSの仕様によりMetalを利用できません。
AMD Radeonの比較的新しいAPIであるMetalはWindows環境でサポートされておらず、OpenCLによる処理になります。

このため、一般的には次の順番になります。
(高速)NVIDIA(CUDA) > AMD Radeon( OpenCL ) > Intel (CPU) (低速)

さらに、DaVinci Resolve仕様として、H.264とH.265のエンコード/デコードに関する制限があります。

無償版では、H.264のハードウェアエンコード/デコード、 H.265のハードウェア デコード のAPIを利用できない制限があります。(バージョン17.4から、 H.265のハードウェア エンコードには対応したので、記述を変更しました。)なお、無償版でもエフェクト処理ではCUDAやOpenCLは利用されます。

DaVinci Resolve(無償版)DaVinci Resolve Studio(有償版)
NVIDIACUDA
(H.265 ハードウェアエンコード 、各種エフェクト )
CUDA
(H.264/H.265 ハードウェアエンコード/デコード、各種エフェクト)
AMD Radeon
(Ryzen搭載GPUを含む)
OpenCL
(H.265 ハードウェアエンコード 、各種エフェクト )
OpenCL
(H.264/H.265 ハードウェアエンコード/デコード、各種エフェクト)
Intel (CPU) Intel QuickSync
(H.265 ハードウェアエンコード )
Intel QuickSync
(H.264/H.265 ハードウェアエンコード )
Windows環境

Windows環境の概要としては以上ですが、 同じメーカー(ブランド)の製品であっても、世代によって、ハードウェアでエンコード/デコードできるかの可否が異なります。 詳しくは下の「ハードウェアによるサポートの有無」も確認ください。

mac環境

次の通り有償版、無償版でパフォーマンスに直結する制限はありません。

DaVinci Resolve(無償版) DaVinci Resolve Studio(有償版)
Apple M1 / M2Media Engine / Metal Media Engine/ Metal
AMD RadeonMetal Metal
Intel (CPU) Intel QuickSync Intel QuickSync
Mac環境

mac環境の概要としては以上ですが、 同じメーカー(ブランド)の製品であっても、世代によって、ハードウェアでエンコード/デコードできるかの可否が異なります。 詳しくは下の「ハードウェアによるサポートの有無」も確認ください。

ハードウェアによるサポートの有無

概要としては、上に記載の通りですが、同じメーカー(ブランド)の製品であっても、世代によって、ハードウェアでエンコード/デコードできるかの可否が異なります。詳しくは次のリンクで確認してください。

NVIDIA

一部のチップの記載がないですが、参考になると思います。

AMD Radeon

利用できる情報が見つけられませんでした。

Intel

公式でまとまっているものが見当たりません。次のブログが参考になると思われます。

参考

性能差は、次の記事も参考になるかと思います。

最新情報をチェックしよう!